ある薬剤師の毎日〜悩みや仕事について書いています〜

薬剤師は悩みもありますが、やりがいのあるお仕事です

病院に勤務していてイメージできるのは一番はお医者さんでしょう、

 

その次はその横の看護婦さんでしょうか。しかし縁の下の力持ちの薬剤師さんの存在を忘れてはいけません。まず薬剤師とし勤務するためには薬学部の有る大学に受かり、それから6年の勉強を受け、国家資格に受かっていないとなれません、このように高い専門知識を持たなければなれないのです。

 

実はいざ現場に出るとその知識だけでは全然通用しないことが多いのです。普段は意志の処方に基づいてお薬を出す薬剤師さん。しかし薬の処方の不安を薬剤師さんにぶつける事も多くあります。

 

「前回の薬は良くない、変えてほしい」といった事です。しかし医師の所見で出されたものは医学的な根拠がベースとなっていますので自己判断で要らない、前のほうがいいなどと患者さんから言われる事がとても多いのです。特に高齢者の方はそのシステムをよく理解していないのでお医者さんには何もいえなくても薬剤師さんに全てぶつけてくる事も多いそうです。このようなトラブルはまず

 

医師とのコミュニケーション不足が原因にあるようです。医師と患者や、医師と薬剤師など

 

色々なコミュニケーションすべきところがありますが、そのコミュニケーションや情報伝達が少しでもかけていると、円滑に事は進まなくなってくるのが医療業界では非常に多く見られます。

 

それが現場によって患者様の命取りになってしまう事だってあるのです。

 

とにかく相手の話をきちんときき、自分の思っている事や分からない事があれば

 

きちんと相手と話し合っておくと少し原因を軽くする事もできます。

 

薬剤師さんは縁の下でお医者さんや病院、また他の医療従事者を支えています。

 

あまり目立った印象が無いので、薬剤師さんありがとう!とおおやけに感謝される事は少ないですが

 

とても大変でやりがいのあるお仕事です。